合同就職面接会とは

外国人中核人材が多数来場します。

社)外国人雇用協議会が実施する≪TEAFN 外国人就労適性試験≫ を受験し10段階のレベル指標( A+ ~ E- )を保持した就活生のみが来場します。

企業が外国人を採用する際の不安を解消すると共に、TEAFN受験により日本の言語・文化・ビジネス習慣に通じた質の高い【外国人中核人材】が採用できます。
『【TEAFN対象】合同就職面接会』は、外国人雇用を検討しているがなかなか採用に踏み切れない、更なる雇用を検討している等の企業と、日本での就職と定住を望みTEAFNを受験した就労意欲とその才覚ある【外国人中核人材】をマッチングさせることを目的として、本面接会を開催いたします。

本展の特徴と参加メリットに関して

19年度新卒や中途の新たな採用手法をご提供します。深刻化する人手不足。一昔前では全く人気の無かった外国人材でさえ、日本語能力の高い人材や専門・技術スキルを持った高度人材は引く手あまたの状況です。ただ『高度人材ではなく、日本語能力は堪能とは言えないが(N2/N3レベル)、一定の技能を有する人材=中核人材』は未だ採用チャンスがあります。その外国人中核人材との面接機会をご提供いたします。19新卒や中途の新たな採用手法をご提供します。
外国人就労適性試験受験者のみの参加ですので、
来場者の試験結果を踏まえた面接ができます。
日本語・文化・慣習・法令等の理解度を判定する外国人就労適性試験受験者のみが参加します。面接受験者の検 定試験結果を見ながらの面接をしていただけます。日本語能力だけではわかりにくい、日本での常識等どういった事を理解しているのか・していないのかを踏まえた面接が可能です。
面接ブースを無料でご提供、
一度に多くの人材と面接ができます。
本フェアでは、出展に際し費用が発生する他フェアと異なり、50社限定で、協議会会員には面接ブースを無償提供することで、出展に対するリスクを最小限に抑え効率良く、多くの外国人中核人材と面接を行っていただけます。

外国人就労適性試験(TEAFN)のご紹介

外国人就労適性試験(TEAFN)とは、日本の言語・文化・ビジネス習慣の能力を客観的に測定・評価し、一定レベル以上のスキルを有する中核人材となる外国人を認定する検定試験です。

主催・認定 一般社団法人 外国人雇用協議会
試験日 2018年9月16日(日)
実施都市 東京23区内・大阪市内
受験者目標数 2,000人
受験料 8,000円(税別)

参加予定企業

株式会社エフエージェイ
株式会社エンジニアパートナー
株式会社グローバルパワー
ゴーウェル株式会社
株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド
株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア
ダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社
株式会社ネオキャリア
株式会社マックス
株式会社吉野家
ライクスタッフィング株式会社
株式会社レリアン

合同就職面接会の詳細とブース

合同就職面接会の会場

東京都立産業貿易センター台東館
会場:4階
住所:東京都台東区花川戸2-6-5