入管法、在留資格から見る多様な外国人の雇用方法

外国人が日本に在留するにあたっては約30種類(実質100種類に近い!)の在留資格(ビザ)があります。
年間1,500件を超える外国人関連業務経験から、弊事務所はこれまでほぼ全ての在留資格の取得をサポートして来ました。
本日は「外国人と共に働く」にフォーカスし、在留資格の観点から多様な外国人の雇用の仕方をお話します。
業種と対にして、雇用できる外国人の属性や在留資格が語られることがありますが、現実はもっと多様に対応できます。
就労系在留資格の代表格である<技術・人文知識・国際業務>においては適正な業務内容の見極め方についてお話し、特定技能においては現在のトレンドについてお話します。
それだけでなく、在留資格に関する申請において入管はどのような視点をもって審査をするのか。
また、どの在留資格の外国人にはどのようにアプローチをかければ良いのか、そのような話も加えたいと思います。
時間が許すのであれば、皆さまからのご質問にも答えたいと思っております。

今後、外国人雇用協議会 ヒューマンリソース(HR)部会では、会員向け「在留資格実践基礎講座」として下記の日程でzoomによる講座を開催してまいります。

  • 第1回 2020年10月21日(水)15:00~17:00(受付15:45開始 )
  • 第2回 2020 年11月18日(水)15:00~17:00(受付15:45開始 )
  • 第3回 2020 年12月16日(水)15:00~17:00(受付15:45開始 )
  • 第4回 2021 年 1月20日(水)15:00~17:00(受付15:45開始 )
  • 第5回 2021 年 2月 17日(水)15:00~17:00(受付15:45開始 )
  • 第6回 2021 年 3月17日(水)15:00~17:00(受付15:45開始 )

詳しくはこちら

15:00-15:50

Track2

長岡由剛
長岡 由剛(Yoshitake Nagaoka)

  • 行政書士明るい総合法務事務所 代表 特定行政書士
  • 高度な日タイ間通訳翻訳を手掛ける株式会社BRIGHT WORLD代表取締役
  • 外国人雇用協議会HR部会副部会長
  • 出入国在留管理庁届出済申請取次行政書士
  • 早稲田大学代議員
  • 行政書士稲門会事務局長
  • 外国人政策提言団体一般社団法人Japan immigration lawyer association 理事
  • 外国人にもっと日本を好きになってもらう政策提言団体EDAS理事
    書籍

  • 「行政書士の業務展開」入管実務専門行政書士の専門領域と仕事【就労編、身分・地位編】執筆 出版社:成文堂
  • 「知識ゼロからの外国人雇用」監修 (著者:竹内幸一(株式会社グローバルパワー代表取締役)) 出版社:幻冬舎

会社員を経て2011年に行政書士登録、開業。入管手続き、その他外国人の在留に係る法務、生活上の法的支援、高度な日タイ間通訳・翻訳等を専門とし年間1,500件以上の法律相談、手続きに応じる。行政書士6名(約20年入管で審査官を務めたメンバーもいる)、外国人の行政書士補助者3名を有する事務所を経営する。その他、専門家である行政書士向けの講師の他、外国人適正雇用に係る複数の企業顧問、人事部向けの入管手続き、外国人雇用、外国人支援団体向けの定住外国人支援に関する研修講師(年間40回以上)を務める。また、外国人政策関連団体の理事として多くの政策提言を国会議員、各関係省庁に行う。事務所の理念は「外国人にとって日本がもう一つの故郷になりますように。プロの矜持と共に敬意を込めて。」

PAGE TOP