【次世代日本人とつくる日本の未来】


日本の言語・文化・ビジネス習慣に通じた質の高い外国人を、
日本のビジネス社会で最大限に活用できる環境を整えることを目的とします。

外国人雇用協議会について


我が国の就労人口に占める外国人の比率は、主要国と比して低く、しかも、その多くは、技能実習生、留学生(アルバイト) が占めています。
我が国の外国人受入れ政策は、建前は、専門的・技術的な外国人を受け入れ、単純労働者は受け入れないとされるが、実態はむしろ逆転ともいえる状態が生じています。日本経済が今後、世界各国との競争の中で成長を続けていくためには、こうした現状から脱却し、より多くの質の高い外国人材を活用していくことが欠かせません。
そのため、1) 政府の政策・制度の改善を実現していくとともに、2) 企業側での受入れ環境の整備、3) 日本のビジネス社会で適応できる人材育成といった課題にも対応していく必要があります。

一般社団法人外国人雇用協議会は、これらに対応し、日本の言語・文化・ビジネス習慣に通じた質の高い外国人が、日本のビジネス社会で最大限に活躍できる環境を整えるため、2016年4月に設立しました。

 

活動内容

外国人雇用協議会で行っている活動に関して

詳細を見る

政策提言/コメント

外国人雇用協議会で行っている政策提言などに関して

詳細を見る

トピックス/ 関連情報

外国人雇用協議会のトピックスなどに関して

詳細を見る

membersコラム

  1. membersコラムについて


PAGE TOP