日本から新共生社会をつくる
多文化を受け入れ共存していくことは当たり前。日本人と外国籍の人々が共生し合い、「利」を生み出す。共存+相互利益が揃うことで、新共生が実現。
jaefnは、ここ日本でまだ実現できていない”新共生社会”創りを目指す。
外国人雇用協議会とは
会員企業数
2024/3/1現在
111

外国人雇用協議会の活動

外国人の活躍
次世代日本人とつくる日本の未来
堺屋太一

次世代日本人と一緒に日本の未来を創出する。より多くの外国人が、日本のビジネス社会で最大限に活躍できる環境を整えることが我々の使命。「三低社会(低出産、低起業、低成長)」を変えるため、外国人の流入と定住は変革のきっかけとなる。人手不足のため外国人を受け入れる古い考えは捨て、次世代日本人を生み出すことへ舵を切ることが望ましい。

初代会長 故 堺屋 太一

最新の活動内容

最新記事

  1. 2024.1.19 お知らせ
    【政策部会】1号特定技能外国人支援における定期面談の実施方法について、中野法務大臣政務官と…
  2. 2024.1.18 お知らせ
    終了|第5回 特定技能勉強会『有識者会議最終報告書』から考える 登録支援機関経営の影響と今…
  3. 2024.1.12 お知らせ
    令和6年能登半島地震における外国人被災者支援に関するお知らせと、防災・減災に関する取り組み…
  4. 2024.1.10 お知らせ
    終了|【長岡先生による在留資格勉強会】開催のお知らせ(2024年2月15日)
  5. 2024.1.5 お知らせ
    【外国人雇用協議会】防災・減災の活動にご協力ください
  6. 2023.12.16 お知らせ
    【政策部会】法務省出入国在留管理庁との第6回意見交換が開催されました

注目