外国人雇用協議会の活動内容と入会メリットについて

本サミット主催の外国人雇用協議会の会員間のコミュニケーションを活性化させることで会員メリットを提供するのが、コミュニケーション戦略部会です。
外国人雇用協議会は何のために組成され、何を目的に進み、どんな仲間に参画いただきたいのか。
また、その仲間(会員)にどういったメリットを提供出来ていて、今後提供ができるのか、といった内容を、戦略担当理事の竹内氏と、コミュニケーション戦略部会副部会長の廣瀬氏でわかりやすくお伝えします。
これから進んでいく日本の未来と、外国人雇用協議会が旗振り役となり進めていく方向性についてもお話しします。またQ&Aコーナーも設けます。

下記のような方に受講いただきたいと思います。

  • 外国人雇用協議会・理事社/会員社の方
  • 外国人雇用協議会への入会を検討したい企業の方
  • 次世代日本人とつくる日本の未来を一緒に推進したい企業の方

是非お気軽にご受講ください。

17:00-17:50

Track2

竹内幸一
竹内 幸一(Kouichi Takeuchi)
1974年東京生まれ。群馬県藤岡市育ち。群馬県立富岡高校卒業後、アメリカに渡りサクラメント・シティ・カレッジ(Sac City College)に留学。カリフォルニア州立大学サクラメント校(Cal State University Sacramento)へトランスファーし、その後中退。1998年4月、外資ワイン商社へ就職。2003年、大手人材会社フルキャストへ転職。2005年、社内ベンチャーとして外国人の留学生採用支援事業部の設立に参画。2009年、事業部のMBOを経てグローバルパワー設立に参画。2010年12月、代表取締役に就任。2016年一般社団法人 外国人雇用協議会の発起人・理事。メディア掲載は、ガイアの夜明け・WBS・スーパーニュース・N スタ等の報道番組から、日経・日経MJ・日経ビジネス・日刊工業・ダイヤモンド・各地方新聞等の新聞雑誌にも多数掲載実績あり。著者『知識ゼロからの外国人雇用(幻冬舎・2020年)』
廣瀬 義憲
廣瀬 義憲(Yoshinori Hirose)
1993年、神奈川生まれ。駒澤大学付属高校卒業後、1年間の浪人を経て、立命館大学へ入学。2015年にアメリカサンフランシスコへ1年間の留学を経験。その後、訪日外国人向けメディアを運営する企業で事業責任者を経験。2017年10月DOC株式会社を創業。立命館大学経営学部中退。外国人支援業界初の外国人支援企業カオスマップを2018年から開始。外国人支援業界初の外国人採用支援の総合ポータルサイトdnus(ディヌス)の開発・運営。
PAGE TOP