外国人雇用協議会が掲げる外国人材の教育の在り方

日本で加速する外国人材の受け入れにおいて、教育は切っても切り離せない要素です。その外国人材の教育に対し、外国人雇用協議会がどのような考え方と目的を持って、取り組んでいくかということについて、実際の活動も取り上げながらお話し致します。
講演は、協議会において、教育担当理事を務めるグローバルトラストネットワークス社の後藤氏と実際に協議会公認のテキストの作成に携わる明光ネットワークジャパン社の小西氏が行います。
日本におけるスムーズな外国人材の受け入れと外国人がイキイキと日本で活躍できる為の教育について、是非皆様とともに推進していけたらと思います!

18:00-18:50

Track1

小西 悠太
小西 悠太(Yuta Konishi)
大手人材紹介会社を経て、明光ネットワークジャパングループ MAXISエデュケーションに入社。人事部の立ち上げを行い、5年強責任者として勤務。その後、明光ネットワークジャパンに転籍をし、外国人材教育事業を立ち上げ。
後藤裕幸
後藤裕幸(Hiroyuki Goto)
1978年生まれ、熊本県出身。2000年 中央大学在学中にオンラインゲームとファッションサイト事業を立ち上げる。2003年 有限会社ミューゲートを設立。2004年 アジアのマーケティングリサーチ及びアジアへの進出コンサルティングの株式会社ミューを設立。2006年 7月に株式会社グローバルトラストネットワークスを設立。「外国人が日本に来てよかったをカタチに」を企業理念に掲げ、外国人の生活総合支援企業として社会問題解決に取組む。外国人専門の賃貸住宅保証を柱に、仲介、携帯電話、クレジットカード、人材紹介事業などを展開。2012年ビジネスチャンス社「次世代を創る30代経営者50名」に選出。2013年日経ソーシャルイニシアティブ大賞ファイナリスト選出。同年、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会より功労賞を受賞。2017年 がっちりマンデー新年会特集スペシャル、NHK WORLD ドキュメンタリー番組「RISING」、2018年「坂上&指原のつぶれない店」、2020年 NHKスペシャル【令和未来会議 2020“開国論”】、テレビ東京 /日経プラス10「SDGsへの道」など。 
PAGE TOP