第6回 特定技能勉強会『登録支援機関経営で考えるべきコンプライアンスリスク』

第6回 特定技能勉強会『登録支援機関経営で考えるべきコンプライアンスリスク』

こんな方にお勧めです
・特定技能登録支援機関経営者様、ご担当者様
・特定技能人材紹介企業様
・特定技能人材の採用企業様

【ウェビナーのご案内】
2019年に制度が開始された『特定技能』在留資格は、2024年2月末の最新の在留公表の速報値によれば224,467人(特定技能1号のみ)の在留となり、実際に多くの会社、職場で活躍する重要な存在になっています。そんな特定技能人材を支える存在が「登録支援機関」ですが、特定技能人材の増加によって登録数も増加し、入管庁への登録数は1万件に迫る勢いとなっています。

登録支援機関は、特定技能と同じく2019年からスタートした新しい「仕事」であるが故に、顧客となる企業や支援する人材からの要望もあって、業務範囲は支援機関毎に異なっており、多岐に渡っているのが現状でしょう。業務範囲が多岐に渡る結果、登録支援機関が考慮しなければならない法令法規も多岐に渡ることとなり、コンプライアンスに基づいた登録支援機関経営を行う為には、特定技能に関する運用要領を確認するだけでなく、労働関係法や社会保険関係法、税法を初め、道路運送法や職業安定法、行政書士法等の関連する規定を抑えることが求められると言えます。

そこで、今回の特定技能勉強会では、外国人雇用に関するスペシャリストであり、外国人雇用協議会の法律顧問でもある弁護士法人Global HR Strategyの代表弁護士である杉田昌平先生と共に、登録支援機関経営におけるコンプライアンスリスクを考えて行きます。
今後、益々拡大する登録支援機関の業務を円滑に行っていく中で参考になる内容かと思いますので、是非振るってご参加下さい。

【開催概要】
主催
一般社団法人 外国人雇用協議会

登壇者
弁護士法人Global HR Strategy 代表弁護士 杉田 昌平(外国人雇用協議会法律顧問)
株式会社USEN₋NEXT HOLDINGS CEO室  政府・行政機関担当部長 牧 直道
リフト株式会社 代表取締役 杉村 哲人

日時
2024年6月24日(月)15:00~16:30

参加費
無料

開催・参加方法
ZOOMウェビナーによる開催
お申込み完了後、別途「視聴用URL」をメールでお送りいたします。
※本イベントは、Zoomを利用して実施いたします。
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。

お問い合わせ
本ウェビナーに関するお問合せは、メールにてお受けしております。
【セミナー運営受託会社 リフト株式会社】seminar@lift-group.co.jpまでご連絡下さい。

注意事項
・開催時間、プログラムは変更となる場合がございます。
・当日までに視聴用URLが届かない場合、seminar@lift-group.co.jpまでご連絡ください。
・ご参加前にインターネット回線が適切につながっているかご確認ください。
・コロナウイルス感染拡大などの状況に応じて開催を中止する可能性がございます。

セミナーのプログラム
15:00 ~ 15:05 オープ二ング
15:05 ~ 16:00 トークセッション 『登録支援機関経営で考えるべきコンプライアンスリスク』
16:00 ~ 16:25 質疑応答
16:25 ~ 16:30 クロージング

皆様のご参加をお待ちしております

PAGE TOP