会員企業数
78
2021/4/1 会員一覧

会員企業数 78社(2021/4/1)

外国人活躍支援サミット2021〜次世代日本人とつくるコロナ後の共生社会〜 へ戻る

パネルディスカッション内容

外国籍の方々との共生社会を目指していく日本は、今のままで本当に良いのか。
【選ばれる国になるためには】をテーマとして、それぞれのフィールドの第一人者のパネリストに、

  1. 行っている取り組み
  2. 行うべき取り組み
  3. 課題感

を伺い、それぞれのパネリストより交互に活発なご意見をいただきながら議論を深めていきたいと思います。
ここでしか聞けない、受講者に学びや気づきの多いパネルディスカッションを目指します。

15:00-15:50

Track1

竹内幸一
竹内 幸一 (Kouichi Takeuchi)
株式会社グローバルパワー 代表取締役
一般社団法人 外国人雇用協議会 戦略担当理事
プロフィール:
1974年東京生まれ。群馬県育ち。高校卒業後にアメリカ留学。2005年、上場人材企業の社内ベンチャーとして外国人採用支援事業部の設立に参画。2009年、事業部のMBOを経てグローバルパワー設立に参画。2010年、日本最大級の優秀層外国人求人サイト『NINJA』を開発・運営を手掛ける株式会社グローバルパワー代表取締役に就任。
2016年一般社団法人 外国人雇用協議会の発起人の1人として参画、設立、理事就任、現・戦略担当理事。
出演メディア「ガイアの夜明け」「NHKスペシャル」「WBS」等多数。
著書「知識ゼロからの外国人雇用」(幻冬舎・2020)。
毛受敏浩
毛受 敏浩 (Toshihiro Menju)
公益財団法人 日本国際交流センター 執行理事
外国人材の受入れに関する円卓会議 事務局長
プロフィール:
慶応大学法学部卒。 米国エバグリーン州立大学行政管理大学院修士。 兵庫県庁で 10 年間の勤務後、1988年より日本国際交流センターに勤務。
多文化共生・移民政策、草の根の国際交流調査研究、二国間賢人会議、NGO、フィランソロピー活動など多様な事業に携わる。 2003年よりチーフ・プログラム・オフィサー、2012年より現職。 慶応大学、静岡文芸大学等で非常勤講師を歴任。 現在、総務大臣賞自治体国際交流表彰選考委員、新宿区多文化共生まちづくり会議座長、未来を創る財団理事、日本NPOセンター理事。 第一回国際交流・協力実践者全国会議委員長。
著書に『自治体がひらく日本の移民政策-人口減少時代の多文化共生への挑戦』、『人口激減-移民は日本に必要である』、『異文化体験入門』、『地球市民ネットワーク』、編著書に『国際交流・協力活動入門講座 I~IV』など。 英文共著書に Asia
on the Move, Philanthropy and Reconciliation: Rebuilding
Postwar U.S.-Japan Relations, Japan’s Road to Pluralism,
Emerging Civil Society in Asia Pacific Community, Cities
and the Environment がある。
結城恵
結城 恵 (Megumi Yuki)
国立大学法人群馬大学 大学教育・学生支援機構 教授
プロフィール:
東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。 専門は教育社会学、異文化コミュニケーション、多文化共生。
国家資格キャリアコンサルタント、専門社会調査士。
エスノグラフィの手法を用いて、当事者の視点から、多文化共生のあり方や就職支援の在り方を探る。 群馬大学に国の委託事業を導入し、群馬県の特性を活かした、多文化共生、および、留学生就職支援の地域実践モデルを構築する取り組みを産官学金協働で進めている。 企画・運営責任者となった代表的な事業に、「多文化共生研究プロジェクト」(H14-16年度文部科学省地域貢献特別支援事業)、「多文化共生社会の構築に貢献する人材の育成」(H17-20年度文部科学省特色ある大学支援プログラム:特色GP)、「生活者としての外国人」への日本語教育事業(H25-29年度文化庁委託事業)、「グローカル・ハタラクラスぐんま」プロジェクト(H25~27年度文部科学省「留学生交流拠点整備事業」、H27~31年度文部科学省「住環境・就職支援等留学生の受入れ環境充実事業」、H29~R3年度文部科学省「留学生の就職促進プログラム」)などがある。
宍戸健一
宍戸 健一 (Kenichi Shishido) 
JICA上席審議役
「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」(JP-MIRAI) 事務局
プロフィール:
JICA上級審議役(外国人材・科学技術)。 1986年に国際協力事業団(現JICA)に入団。技術協力事業や管理部門での業務に長年従事。インドネシア、ガーナ、スーダンに駐在経験。 地球環境部次長(自然環境)、関西センター所長、農村開発部長を経て、2019年から現職。
横川友樹
横川 友樹 (Tomoki Yokokawa)
ヒューマングローバルタレント株式会社
一般社団法人 外国人雇用協議会 理事
プロフィール:
2007年に早稲田大学スポーツ科学部卒業。 株式会社ベイカレント・コンサルティングにてビジネスプロデューサー職を担当後、2010年よりヒューマングローバルタレント株式会社にて勤務。
メディア営業部、事業推進室、人材紹介部にて営業・マーケティング業務を経て、2020年より現職。 グローバル人材の採用において、1200社以上に携わってきた経験を活かし、当社主催イベントや他社開催セミナーの講演に多数登壇しています。
また、人材業界誌大手『ポーターズマガジン』からのインタビューを含むビジネス・人材系メディアにも登場するなど、グローバル人材の転職市場に深い知見を持っています。
2019年一般社団法人外国人雇用協議会 理事就任。

PAGE TOP