正規雇用の外国人材における採用市場動向~外国人材×地方勤務という視点から~

ヒューマングローバルタレントセミナー

近年、少子高齢化により労働人口の減少が危惧されている。都市部への流入も相まって地方エリアでの労働人口不足が特に顕著となっている。厚生労働省の調査によると有効求人倍率は都心に劣らず1.1倍程度で、高いところでは1.4倍ほどとなっている。仕事もあり応募する人も十分いるにもかかわらず、人手不足が嘆かれているのは、地方への理解不足や受け入れ側の不安もあるが、スキルマッチした人材が見つけられていないことも、原因の一つと考えられる。
  一方、外国人労働者数は1,650,000人ほど(2019年10月末時点)おり、毎年増加し続けている。居住地については都市部(東京/神奈川/埼玉/大阪/愛知)に約54%と約半数であり、最近では地方に移り住む外国人も増えている。そういった地方への勤務を希望する外国人材はどんなスキルや経験を有し、どのような求人に興味を持ち転職をしたいと考えるのか、弊社求人サイト「Daijob.com」※1の登録者属性を分析することで、データを用いて説明し、外国人の地方転職に関する今後の展望を見据えていきたい
※1 バイリンガル人材数No.1 ESP総研調べ 2017年6月8日時点

11:00-11:50

Track1

横川友樹
横川友樹(Tomoki Yokokawa)
2007年に早稲田大学スポーツ科学部卒業。株式会社ベイカレント・コンサルティングにてビジネスプロデューサー職を担当後、2010年よりヒューマングローバルタレント株式会社にて勤務。メディア営業部、事業推進室、人材紹介部にて営業・マーケティング業務を経て、2020年より現職。当社主催イベントや他社開催セミナーの講演にも複数回登壇している。また、人材業界誌大手『ポーターズマガジン』からのインタビューを含むビジネス・人材系メディアにも登場するなど、グローバル人材の転職市場に深い知見を持っている。中核事業のDaijob.comにおいてはバイリンガルのための転職・求人情報サイトとして1998年にオープンして以来日本をはじめ、中国、北米、ヨーロッパなど、世界27カ国・3,270社以上の企業からバイリンガル採用の高い評価を得てきた。現在はグローバル人材と、国際的な視野を持った人材を探す企業や紹介会社との架け橋になるため、Daijob.comをはじめ、転職フェア、人材紹介などさまざまなグローバル人材事業を展開している。 
PAGE TOP